記事一覧

『出しっぱなしでも絵になるはしご』完成しました

アップロードファイル 201-1.jpgアップロードファイル 201-2.jpgアップロードファイル 201-3.jpgアップロードファイル 201-4.jpgアップロードファイル 201-5.jpg

バブルは過ぎ去っても、それでも土地が高い日本。

限られたスペースを有効活用するためには、上に上に行く必要があります。
壁だって、目一杯に棚を作ることで、かなりの量が収納できます。

しかしせっかく天井いっぱいまで収納を作っても、なかなか上まで活用しきれていないのが現実。

いちいちキャタツを納戸から出してくるのが面倒で、
結局上のほうはホコリがたまりがち。。。

『かっこいい、絵になるハシゴ作りたいな~』
と思ってはいたものの、木で作るとどうしてもモッサリした感じになってしまう。。。
そして何より重たくて持ち運びできる代物ではない。。。
かといって強度面をおろそかにするわけにはいかない。。。

何度か試作を作ってみたものの、とても製品化できるようなものが木では仕上げられませんでした。

限界を感じていた時に、日本でハシゴのシェアNo.1を誇るトップメーカーさんとの夢のようなコラボレーションにより、
『出しっぱなしでも絵になるはしご』が完成しました。

材質はアルミ製。
色も、写真の赤の他、ホワイト、オレンジ、ブラックの4色展開!


どうです?かっこ良くないですか!?

インテリアのアクセントになるハシゴってなかなかありませんよね!

お部屋づくりの楽しい要素がひとつ増えた感じです。


これから、このハシゴを使った空間づくりを、いろいろご提案していきたいと思っています!
  
    
最後になりましたが、今回の企画に多大なるご尽力を頂いた企画・製造・営業の方々、
そして何よりこの企画を強力にプッシュしていただいた会長様に
深く深く御礼申し上げます。

自分でできることは自分でする

アップロードファイル 199-1.jpgアップロードファイル 199-2.jpgアップロードファイル 199-3.jpgアップロードファイル 199-4.jpgアップロードファイル 199-5.jpg

先日非常に衝撃を受けたお話をします。

カナダ人の方から、マンションリフォームのご相談を受けました。
まずは現地調査にお伺いしたのですが、扉を開けてビックリ!

「匂いが気になるから、自分で壁紙とか取ってみたんだよね」
とあらかじめ聞いてはいたものの、
壁紙はもちろん、床までもがほぼ撤去済の状態。
しかもすべてご自分で作業されたとのこと。

思わず「本当にご自分でされたのですか?」と聞いた私に、
「自分でできることは自分でするもの。カナダでは当たり前です。日本人はなぜ自分でやろうとしないのですか?」
とその方は本当に不思議そうに言われました。

横でお子様がせっせと壁紙をゴミ袋に詰めているのを微笑ましく横目で見ながら、
「ほら、子供の教育にもなるしね。」
とも。


なんだか頭をハンマーで叩かれたような、衝撃を受けました。


おそらくこれは“文化の違い”ではありません。

日本人も、そう遠くない昔、自分でできることの範囲はもっともっと広かったはずです。

そうすることで生活の中の“知恵”や“工夫”が生まれてきたはずです。


会社も同じこと。

何でもかんでもアウトソーシング(外部委託)していたら、
会社の骨組みがどんどん弱くなっていくのではないでしょうか。


書いていて10数年前の自分達を思い出しました。

「家具の修理」を始めたばかりの頃、私を含めておそらく会社のスタッフ全員が、
「自分達が得意でない分野は、なるべく安い外注先を探す」
ことを考えていました。

しかしそんな考えを見越した先代社長から、
「同じ人間がやることなんだから、手前でやる方が高くつくはずが無い。外注なんか使わないで全部自分達でできる方法を必死に考えてみた?」
と諭されたのです。

それは正しかった。

面倒くさいし、瞬間的な効率は落ちる方法でしたが、
でも外注を使わず、自分達で失敗・模索を繰り返したからこそ、
「うちで直せなかったら、他で直せるところはないですよ」
と自信をもって言える集団になれたのだと思います。


な~んて偉そうに言うものの、
あそこまで一人でマンションの解体工事をすることは、
僕にはできそうにありません。。。

大わらわ

アップロードファイル 194-1.jpgアップロードファイル 194-2.jpgアップロードファイル 194-3.jpgアップロードファイル 194-4.jpgアップロードファイル 194-5.jpg

6月に入ってから、リフォーム工事が4件同時進行しています。

今まではだいたい1.5件/月くらいのペースだったので、私たちとしては未知の忙しさを体験しております。


やはり昨年12月に完成した、本館4Fの『リフォーム体感ショールーム』による効果が大きく、

「実際に見て触れることができるのは、とても安心感がある」
という声をたくさん頂きます。
(パソコンの3Dソフトも進化していますが、やっぱり現物にはかないません)


ちなみに今月リフォームさせていただいている4件の内、2件が店舗です。


“住み良い住宅をつくりたい”という思いが強いので、なんとなく店舗設計は畑違いな気がして敬遠していたのですが、
実際にやってみたら、住宅づくりにはない新たな魅力があることを発見できました。


言葉に表すことが難しいのですが、
“非日常的な空間づくり”という感じでしょうか。


これができるようになると、きっと住宅設計にも役立つと思いますので、これから店舗についても徐々に勉強していこうと思います。


それにしてもスタッフ全員、毎日毎日夜遅くまで奮闘しています。

本当に感謝感謝です。

DOORもお作りしています

アップロードファイル 189-1.jpgアップロードファイル 189-2.jpgアップロードファイル 189-3.jpgアップロードファイル 189-4.jpgアップロードファイル 189-5.jpg

前回ドアのことをお話したので、ドアのことを少しご紹介します。

最近はコスト意識が強くなりすぎて、建具(ドア)にまでお金をかけた物件は非常に少ないですが、バブル期に建ったマンションだと拘った室内ドアを使用しているケースが結構あります。

ドアって本当はインテリア性の非常に高いアイテムで、ドアひとつでかなりお部屋の印象が変わるもの。

漆喰の壁や、無垢材のフローリングもいいですが、じつはそれらより安価で、しかも見た目が抜群に変化いたします。


イギリスから輸入したアンティークのドアを、新築の際に使うことも最近ではかなり一般的になってきました。


“でもリフォームではドア枠を変えないといけないので、大がかりになってしまう。そこまでできないし。。。”


とあきらめている方、ぜひ一度ご相談下さい。


お家に合わせたドアを、適正な価格で製作いたします。

色やカタチも自由自在です。


ドアの展示も、本部『リフォーム館』にて増やしていこうと思っていますので、ぜひお楽しみに。

収納の極意

アップロードファイル 187-1.jpgアップロードファイル 187-2.jpgアップロードファイル 187-3.jpgアップロードファイル 187-4.jpgアップロードファイル 187-5.jpg

書店に行くと、「収納」に関する本がたくさん並んでいます。

テレビでも、奥様向けの「収納のウラワザ」的な特集がよく組まれていますよね。


ところで収納の極意って何だと思いますか?

ほとんどの方は、
「そりゃ、“いかに物が入るか”に決まっているじゃないか!」
とおっしゃるでしょう。


私はそうは思いません。

“簡単に仕舞うことができ、探すことなく取り出せる”

これこそ極意だと考えます。


取り出しやすく収納するために、大変な手間をかけて洋服を畳んだりすることは、忙しい主婦の方には難しいこと。
仮にマメな方でそれができたとしても、お母さんしかできなければ、結局お母さんの家事が増えてしまうことになってしまう。。。

逆に掛けるだけの収納スペースを用意しておくと、ご主人やお子様も進んでお手伝いに参加してくれます。


また仕舞いこんでしまわない、オープンな収納は、

“自分が何を持っているのか、正確に把握できる”

という大切な側面を持っています。


自分の持っているものを知っていれば、無駄な買い物をしなくてすむのです。


日本人で自分がどんな洋服を持っているか正確に把握している人はまずいないでしょう。

多すぎることももちろん原因ですが、最大の原因は収納の仕方にあるのです。

だからいくら断捨離しても、ときめかないからといってたくさん捨てても、1年後には元通りになってしまうのです。


収納リフォームで、問題を根本から改善しませんか?

マンションリフォーム~in京都~

アップロードファイル 181-1.jpgアップロードファイル 181-2.jpgアップロードファイル 181-3.jpgアップロードファイル 181-4.jpgアップロードファイル 181-5.jpg

本日1件のマンションリフォームが完成いたしました。

場所はなんと京都市!
私たちが7年前にリフォーム事業を始めてから、大小合わせて75件目にして、距離的には最も遠い現場となりました。
といっても高速で約1時間なので、関東の人から見たら決して遠い距離ではないのですが・・・

それでも決して近い距離ではない私たちに、わざわざご依頼いただきましたT様へ心より御礼申し上げます。


今回は、もちろん導線を第一に考えながら、
ホワイトアンティークをテーマにした空間へのリフォームとなりました。

このお部屋が、これからどうお客様の色に染まっていくか、とっても楽しみです。

フローリングをアンティークに仕上げる

アップロードファイル 171-1.jpgアップロードファイル 171-2.jpgアップロードファイル 171-3.jpgアップロードファイル 171-4.jpg

今週末にオープンさせる、リフォームショールーム。

現在ものすごーく急ピッチで内装を仕上げております。

いつもバタバタに進行するのですが、今回はかつてないスピード。

つい3日前に、やっと床の塗装を終えました。。。


ナラの無垢材のフローリングに、
弊社独自のアンティーク加工を施したのですが、
これが本当にかっこ良く仕上がりました。


一般的には無垢のフローリングって、
オイルでナチュラルに仕上げるだけなのですが、
それを欧米風に、アンティーク家具と同じ方法で塗装。


皆オープンに間に合わせるべく、
皆必死に頑張っていますので、
ぜひ今週末のオープンをお楽しみに!

オープンハウス無事終了。ご来場ありがとうございました。

アップロードファイル 163-1.jpgアップロードファイル 163-2.jpgアップロードファイル 163-3.jpgアップロードファイル 163-4.jpgアップロードファイル 163-5.jpg

1日だけのオープンハウスが無事終了しました。

たくさんの方にご来場いただき、本当にありがとうございました。

ご説明が行き届かなかったり、不手際が多々あったと思いますが、
なにぶん弊社にとっては初めての試みでしたので、何卒ご容赦くださいますようお願いいたします。


さて、ご来場された皆様の反応ですが・・・

とっても喜んでいただけました!


特に同じマンションにお住まいの方々は、

「これが本当にうちと同じ間取りだったの?」

と、驚かれている方ばかりでした。


今回のリフォームは、
・出迎えてくれる玄関収納
・普段から楽しめるリビングシアター
・マンションでも風通し良くなる間取り
・明るく広いキッチンスペース
・大容量で使いやすさを第一に考えた収納(クローゼットやキッチン収納)
・かっこいい洗面台
等々、今私たちがお勧めしている要素をほとんどすべて織り込んだ内容でしたので、見ごたえ十分だったと思います。


最後になりましたが、今回本当に気持ちよくご協力いただきましたY様と奥様に、この場をお借りして、心より御礼申し上げます。
(この日のために、ものすごくきれいにしておいて下さいました!)

本当に本当にありがとうございました!

今後とも末永くよろしくお願いいたします。

1日だけのオープンハウス開催します!

アップロードファイル 161-1.jpgアップロードファイル 161-2.jpgアップロードファイル 161-3.jpgアップロードファイル 161-4.jpg

先日少し書かせていただいた、

『劇的リフォーム』
↓↓↓
http://www.fuji21.co.jp/blog/diary.cgi?no=155

が先日無事終了いたしました。


今回、お客様のご好意で、1日だけオープンハウス(リフォーム内覧会)をさせていただくことになりました。
(この場を借りて本当にありがとうございます!)


現在の私たちのいろいろなアイデア(ホームシアターやシステム収納等々)が詰まっているお家ですので、
ご覧いただければ私たちのパワーを感じていただけると思います。


場所は芦屋のシーサイドマンション。

海辺の白と黒が印象的なマンション郡の1室です。


日時は8月7日(日)の13:00~16:00です。

予約制となっておりますので、ご興味がある方はお早めに下記までご連絡下さいませ。(担当 岡本)
↓↓↓
info@fuji21.co.jp

こちらより折り返しご連絡させていただきます。


定員となり次第、受付は終了いたします。

1日だけの企画ですので、どうぞお見逃しなく。

実物はCGよりもっとカッコイイですよ!

劇的リフォーム~進行中~

アップロードファイル 155-1.jpgアップロードファイル 155-2.jpgアップロードファイル 155-3.jpg

現在進行中のマンションリフォーム。

築30年の、阪神間に住んでいる人なら、「海の近くのあそこね」でわかるマンション郡の中の一室。

気さくで、とても仲良しのご家族で、打ち合わせ段階から非常にスムーズに進めさせていただいております。


今回のリフォームの劇的度はかなりのものです。


といっても、設計士の独りよがり的なものではなく、あくまで生活導線が主役。


桐材のフローリングも最高です!


震災による影響で2期に分けての工事となり、先日前記日程が終了したばかりですが、仕上りが今から楽しみな工事です。