記事一覧

ソファーのはりかえ

アップロードファイル 23-1.jpgアップロードファイル 23-2.jpgアップロードファイル 23-3.jpgアップロードファイル 23-4.jpg

家具のリフォームで一番多いのは、
「ソファーのはりかえ」に関するお問い合わせです。

ほとんどは、「だいたいいくら位かかるんでしょうか?」というご質問なので、少しご説明しようと思います。

まず価格的には、2人掛けのソファ(ラブソファ)の場合、
縫製/加工賃・・・6~9万円
材料費・・・布/合皮 1.5~5万円
程度と考えていただければ大丈夫です。


 よく家具の修理や張替えの際に、「買ったほうが安い?」と聞かれますが、いつも私は「わかりません」と答えます。

 もちろん5万円で買われた家具の修理に、10万円かかることだってあります。そういう意味では、上の質問に対する答えは「YES」なのですが、その家具に刻まれた思い出や歴史は「お金では買えない=PRICELESS」。だから、「答えはわかりません」なのです。

 私たちのポリシーは、「直せないものはない」です。
 実際には、まだまだ機械的な問題で、直せないものも存在しますが、ほとんどのものは直します。なんといっても、一つ屋根の下に、木工とイス張りと塗装の職人が実在する工場って本当に珍しいんです。(もちろん大きな家具の工場には存在しますが、そんな工場は個人のひとつの家具のためには動きません)
 だから、部品が壊れていても、「作っちゃえば?」と気軽な発想ができるのです。

 もうひとつポリシーがあります。それは、修理金額を必ずお伝えすること。「買ったほうが安い」や、「すごく高くつきますよ」ではなく、必ず「○○円です」と事前にお伝えします。この方が絶対にお客様のためになると信じているからです。


 さてさて、話が飛んでいってしまいましたが、ソファの張替えの話に戻します。

 ソファは今の世の中安く買おうと思えば、2~3万円で購入できます。でも良いものとは中身が圧倒的に違います。もちろん耐久年数も全然ちがう。これは張替えをしていると本当に良くわかります。
 また、ソファは家に住み始めた最初のころに購入されたケースが多い。他の家具や家電は後々そのソファに合わせて追加されていったものだから、なかなか部屋にぴったりくるソファにめぐり合えない、という声も多いです。

 そこで、「ソファの張替え」となるわけですが、まだまだ金額的に高く、気軽に張替えする世の中でないことも事実。早く自分たちの生産性を高めて価格を抑えられたら・・・と日々考えています。

階段箪笥

アップロードファイル 15-1.jpgアップロードファイル 15-2.jpgアップロードファイル 15-3.jpg

前回に引き続き、階段にまつわるお話です。

写真は以前手がけた階段箪笥の修理。
傷みがひどかったので、ほとんど作り直し状態でした。

でも階段箪笥ってバラしてみるとこれが良くできているんです。
階段の設計で苦労した分、強度の出し方など、
「昔の人ってえらいなあ」
とつくづく感心いたしました。
だからパーツは作り変えましたが、構造は基本的にはそのまま。
それで現役復帰できるって本当にすごいことなのです。

こんな風に、後世の職人に言わしめるような、
そんな家具を作っていきたいものです。

再塗装+張替え

アップロードファイル 11-1.jpgアップロードファイル 11-2.jpg

今回は、「家具の富士ならでは」の修理例をご紹介します。

「張替え」という言葉をご存知の方は多いでしょう。
ちょっと前の、タウンページのCM(石原良純氏出演)でお知りになった方も多いのではないでしょうか?

「張替え」とはその名の通り、「布または革を張り替える」こと。
COBO富士での修理・再生の中で、やっぱり一番多いのが張替えです。
おそらく、「桐の洗い」と並んで、「張替え」という言葉は家具の修理という文化がまだまだ遅れている日本で広く知られている言葉なのだと思います。

でも実はその他にも、
「木部の再塗装」
「本革の再塗装」(以前ご紹介)
「籐の張替え」
「折れた椅子の修理」等々さまざまなことができるのです。

写真の1人掛けソファはただ単に張替えだけではなく、
アーム部分の再塗装も一緒にさせていただいた時の写真です。

こういった修理は、塗装と椅子張りの職人が一緒に仕事をしなければいけません。でも残念ながら、こういったことができる工場は日本ではとても少ないのです。

少しでもこういった例をお見せして、
「直して使う」「リメイクして使い続ける」アイデアを
お見せできるよう、これからも努力していきます。

ダイニングチェアの張替え

アップロードファイル 8-1.jpgアップロードファイル 8-3.jpgアップロードファイル 8-4.jpg

家具の修理で一番多いのは、
『ダイニングチェアの座面張替え』です。

せっかく「直して大事に使おう」と思ってくださるのだから、
私たちもできるだけプロとしてのアドバイスができるよう
心がけています。

よくお勧めするのは、写真のように
全部揃えないで、違った布での張替え。
※左上のブルーが張替え前、
残りの黄色とグリーンが張替え後の写真です。

これは見た目に楽しいという以外に、
「これはお父さんの椅子、これは私の椅子」
と自分の椅子が特定されるので、
「大事に使おう」という意識が芽生える利点があります。

実はこの『大切に扱わないと!!!』という意識こそが
『最大のエコ』なのだと私たちは考えています。

『ものを大切にする』というエコ。
いっしょに実践してみませんか?

本革の再塗装

アップロードファイル 7-1.jpgアップロードファイル 7-2.jpgアップロードファイル 7-3.jpg

家具のリフォームに新たなメニューが加わりました。

『本革の再塗装』です。

今までは本革の傷みに対しては、
『張替え』でしか対応できませんでしたが、
『塗装』という新しい技を習得しました。

ちなみに写真のソファでは、
座のヤブレは塗装ではごまかしが効かないレベルで、
一部を張替え、
他の部分をその革色に合わせて塗装しました。

『本革の再塗装』の上手な活用法としては、
・まだ買って日が浅いのに、タバコで穴をあけてしまった
・   〃       、子供がマジックで落書きした。
・革はあまり傷んでいないが、色を変えたい
・革の色が気に入っているが、特殊で手に入らない
という時に特に効果的です。

逆に中身(ウレタン)がへたってしまっているような時は、
張りかえしたほうが良いです。
※中身を補充しようとすると、張替えと同じ手間がかかり、
結局は張替えるよりも高くなってしまいます。
これから、もっともっと色々なメニューを増やして、
お客様の選択肢を広げていきます。

ご期待下さい

桐ダンス

アップロードファイル 6-1.jpgアップロードファイル 6-2.jpgアップロードファイル 6-3.jpgアップロードファイル 6-4.jpg

『桐の洗い』という言葉をご存知でしょうか?
桐ダンスを、その名の通り『洗って』よみがえらせる技術です。

よく、表面を削ってしまうと思われるのですが、
本当に『じゃぶじゃぶ洗ってきれいにする』のです。

だから何度でも繰り返すことができ、
何百年と使い続けることができるのです。
こんなにきれいによみがえる技術は世界に誇れる、
まさに『日本の技』なのです。


富士の修理再生工房『COBO富士』では、
写真のように、桐タンスの洗いの他、
洋室にマッチするような塗装も承っております。

家具の修理・リフォームのことならなんでも
お気軽にご相談ください。

ページ移動