記事一覧

コメ兵がエシカルなジュエリーブランド 買い取りしたダイヤや18金をリメイク

アップロードファイル 2-1.jpg

コメ兵は、初のオリジナルブランドとなるエシカルジュエリーブランド「リッカ(REKKA)」をスタートさせた。2011年から販売しているリメイクジュエリーをブランド化したもの。

 コメ兵で買い取った約5万点の貴金属の中から厳選した良質なダイヤモンドと18金素材の枠を用い、国内の工場で製造する。ダイヤモンドを工場に直接渡すことで中間業者の価格コストを圧縮し、宝飾職人に適切な工賃を支払うことができるフェア・プライスを実現した。シンプルで洗練された飽きのこないデザインで、リングやネックレス、ピアスなど全25種を用意する。中心価格帯は10万円弱。

 ジュエリー業界では消費低迷に加え、素材の価格が上昇したことで販売価格を安価に抑えるため製造拠点が海外へと移り、2017年には市場規模がバブル期の3分の1に縮小した。その結果外面のデザインのみを重視した、仕上げの粗い作りや低質素材を用いたジュエリーが多く販売されてきた。また、国内の宝飾職人の高齢化や次の担い手が不足するなどの課題が発生している。

 同社では、宝飾業界が抱える課題を解決することを目的に、2011年にリメイクジュエリーの販売をスタート。今回、リメイクジュエリーの地位と顧客とのコミュニケーション向上のためブランドとして確立し、販売を強化する。

タートルネックのメンズコーデもご

アップロードファイル 1-1.jpgアップロードファイル 1-2.jpgアップロードファイル 1-3.jpgアップロードファイル 1-4.jpgアップロードファイル 1-5.jpg

タートルネックはトップスとして1枚で着たり、インナーとして重ね着したり、幅広く着回しがきくアイテム。いつものコーディネートにプラスすると上品な雰囲気のコーディネートに仕上がります。最近では程よくゆとりのあるシルエットが人気。今回はタートルネックのおすすめブランドとアイテム、選び方やコーディネートをご紹介します。
動物繊維にはいくつかの種類があり、タートルネックに多く使われているのは羊毛を使用したウール、山羊毛を使用したカシミアなどです。
ウールは肌触りが柔らかく、多くの空気を含むことで高い断熱性が期待できます。ただし、肌に触れるとチクチクする方もいるので、インナーを着るなどして対策が必要です。
カシミアは細い繊維と肌触りのよさが魅力。カシミア製品は高級繊維として知られ、高価格で取引されます。動物繊維は洗濯すると縮みやすく、虫食いのリスクもあるので、管理には注意しましょう。
コットン素材のタートルネックは、さらりとした着心地のよさや、柔らかな質感が魅力。シーズンを問わず、汗をかいても快適に着られ、洗濯も簡単です。また、セーターやスウェットのインナーとしても使え、より暖かくコーディネートできます。Tシャツのような織り方の製品もあれば、ニットのような見た目の製品もあるので、季節や好みに合わせて選ぶのがおすすめです。
ポリエステルやアクリルなどの合成繊維は、軽量で伸縮性のあるふんわりとした質感が魅力。タートルネックの首回りの締め付けや、動きにくさが気になる方におすすめです。洗濯後も乾きが早く、シワになりにくい特徴もあるので、管理も比較的簡単。生産量に限りのある動物繊維に比べ大量生産しやすいので、製品は比較的安く手に入ります。
黒・グレー・白などのタートルネックは、1枚でトップスとして使うことはもちろん、インナーとして重ね着することもできて便利です。また、赤やキャメルなどのカラーを使った製品はコーディネートのアクセントとしておすすめ。カラー以外のバリエーションはボーダーやストライプなどの柄があります。合わせるアウターやパンツに応じて選びましょう。
冬場にタートルネックを着るときには、サーマル素材や起毛素材の製品がおすすめです。薄手のタートルネックであっても、防寒機能の素材を用いた製品なら暖かさを保つので、冬場の寒さ対策にぴったり。スリムなアウター・ジャケットと合わせる際にも便利です。暖房の効いている場所や、電車内では暑すぎると感じる場合もあるので、行く場所や季節を考えて、チョイスするとよいでしょう。
トレンドとクラシック両方の側面を持つアイテムを取り揃えるセレクトショップです。国内外メーカーから厳選したアイテムや自社ブランド製品を展開しています。ナノ・ユニバースのタートルネックは上品で高級感のある雰囲気が魅力です。
カシミアをブレンドした柔らかな肌触りのタートルネック。薄手の生地なので、秋口からロングTシャツのような感覚で着られます。首の部分に生地がダボつきにくいので、ジャケットやアウターと合わせても快適。程よいゆとりのあるシルエットは1枚でコーディネートを上品に仕上げます。キレイめスタイルに合わせるタートルネックを探している方にオススメです。
イタリアのFILIVIVIの糸を使用した製品。オーストラリア産のメリノとアルパカを混紡した高級感のある質感が魅力です。アウターやジャケットの中に着ても着膨れしない厚さで、着回しがききます。脇の部分にはケーブル編み、裾部分にはリブ編みが施されており、さりげなく上品でトレッドな雰囲気のある製品です。
コットン100%を使用した肌触りのよいタートルネック。トップスとしてはもちろん、セーターやスウェットの中に着るインナーとしてもオススメの製品です。コットン素材のタートルネックは季節を問わずコーディネートに取り入れられるので、1着あるととても便利。スラックスやデニムと合わせてシンプルに着こなすのがおすすめです。
1976年にスタートしたビームス。「BASIC&EXCITING」をコンセプトに、着心地のよい日常着を多くラインナップしています。ミリタリー、スポーツなどのカジュアルな着こなしをベースに、世界中のトレンドを取り入れたスタイルが魅力。タートルネックはベーシックで汎用性高くデザインされています。
綿・ナイロン・毛を混紡した柔らかなタッチが魅力のタートルネック。ビームスオリジナルの畦編みは適度な厚みで保温性と形態安定性があります。苦手な方も多い首回りのチクチク感が少ないことも魅力。3色で展開されており、気分やコーディネートに合わせて使い回すのがおすすめです。
ルーズなシルエットを採用したカジュアルな雰囲気のタートルネック。トレンドをおさえたゆとりのあるシルエットがポイントで、1枚で着てもさまになる製品です。各所に施された生地と異なるカラーのステッチがカジュアルな印象。素材はコットン100%を使用しているので、汗をかいてもさらりとした肌触りが保たれるのでインナーとして着ても快適です。
1784年、イギリスで創業したニットウェアブランド。主にメリノウールとシーアイランドコットンを使用した品質のよさに定評があります。ジョンスメドレーのニットアイテムは非常に細かな目で編まれた着心地のよさと肌触りが魅力です。
ジョンスメドレーの定番である30ゲージのニットを使用したタートルネック。メリノウールの細い糸を細かく編んだ生地を採用しています。ふんわりと柔らかく、上質な肌触りが特徴です。着丈を短く、すっきりとしたシルエットに仕上げているので、ボトムスやアウターを選びません。ジャケットと合わせたキレイめのコーデにもおすすめです。
1984年、イタリアで創業したアンダーウェアのブランドです。創業当初から天然素材と品質のよさにこだわりがあり、生地作りから縫製まで自社工場で生産しています。コットンを使ったジチピのタートルネックは滑らかな手触りと程よい厚みが実現する着心地のよさが魅力です。
伸縮性に優れた、滑らかな手触りが魅力のタートルネック。素材は綿100%を使用したニット編みの生地はさらりとして常に快適な着心地を実現しています。首回りや袖口、裾に使われたリブ編みが高級感を演出。シャツやスウェットにレイヤードした重ね着コーデにはもちろん、1枚でもさまになるアイテムです。
1981年、イタリアで創業されたニットウェアブランド。アイテムは全てイタリアで生産され、質の高い素材の選定から全ての生産工程まで徹底した品質管理を行っています。シンプルなつくりながら、トレンドをさりげなく取り入れたデザインが人気です。
薄すぎず厚すぎない絶妙な生地の厚みがポイントのタートルネック。エクストラファインメリノウールを100%使用した肌触りのよさが魅力です。ミドルゲージと呼ばれる細かさの編み方を採用し、程よい厚みを実現。1枚で十分な暖かさとボリュームがあるので、秋や春にはアウターなしで着るのもおすすめです。
カシミアを100%使用した贅沢な1着。細身で体に張り付くようなスリムなシルエットが特徴。伸縮性が高いので、窮屈な感覚が少なく、体に沿うような着心地が魅力です。身幅やウエスト周りの余分なダボつきが少ないので、スラックスやジャケットと合わせても上品。デニムと合わせると崩しすぎない大人のカジュアルコーデに仕上がります。
ポロプレーヤーのロゴでおなじみ、1960年代のネクタイ販売業からスタートしたアメリカのブランド。イギリス風のスタイルをベースとしたアメリカントラディショナルな製品は世界中で人気です。タートルネックにも、上品で時代を問わないタイムレスなデザインが活かされています。
イタリア産のメリノウールを100%使用したタートルネック。アウターやボトムスを選ばずにコーデに取り入れられるベーシックデザインが特徴です。胸元のポロマークは生地に対して目立ちすぎないダークカラーの糸を使って刺繍され、さりげなくブランドをアピール。海外規格サイズでの展開なので、購入の際はサイズに注意しましょう。
「DESIGN YOUR LIFE STYLE」をテーマにしたセレクトショップ。グローバルな視点で、世界中から集めた日常着やライフスタイル雑貨などを幅広く取り揃えています。アーバンリサーチのタートルネックは毎日使いたくなるベーシックなつくりが魅力です。
イタリアの老舗ファビリックメーカー、ラナガットの上質なウールを使用したタートルネック。100%ウールの柔らかな肌触りと、発色のよさが魅力です。生地には光沢があり、上品な雰囲気のコーディネートにマッチします。豊富なカラーバリエーションで展開しており、色違いで揃えておくのもおすすめです。
重ね着して着たいハーフジップタイプのタートルネック。綿素材をベースとした生地はシャリ感があり、着心地も見た目もすっきりとした印象の製品です。細かく目が詰まった生地は程よい厚みがあり、1枚でセーターとして着るのもおすすめ。もしくは、重ね着した上にコートを羽織ることで、レイヤードが際立ち、トレンド感が増します。
ファッションや雑貨をはじめ、高感度なライフスタイルを提案するセレクトショップ。セレクトアイテムとオリジナルブランド製品を展開し、トレンドを捉えた上質な製品を揃えています。
ミズノとエディフィスがコラボした防寒素材のタートルネック。吸湿発熱素材「ブレスサーモ」を使用した保温性が高い製品です。湿気を熱に変えるので、インナーとしての用いるのがおすすめ。アウターやセーターなどからちらりと覗かせると、コーデが一気にスポーティな印象になります。アウトドアでのアクティビティにもおすすめのアイテムです。
タートルネックとチェスターコートは大人の男性におすすめの上品な組み合わせ。アウター・パンツ・シューズを全てダークカラーでおさえ、ソックスとセーターに差し色を入れたところがポイントです。全て同系色で合わせると、よりベーシックで落ち着いた雰囲気になり、色物のアイテムを入れるとより季節感やバランスを意識したコーデになります。
白のタートルネックが清潔感を演出しつつ、落ち着きの中にもアクティブさや軽快さを感じさせます。厚手のコートまではいらないけれど、まだまだ寒い時期には、タートルネックを着ればマフラーいらずで便利。くるぶしが見える丈のパンツと合わせてライトに仕上げるのがおすすめです。
秋冬のジャケパンコーデに必須のタートルネック。上品な印象に仕上がる上に、動きやすさと暖かさも両立できます。紺のスーツとキャメルのタートルネックは色の相性も抜群。靴とタートルネックでコーデの中に同系色を用いることで統一感を出しています。ジャケットの中にタートルネックを着る際は着膨れしないよう薄手の製品がおすすめです。
アウターのカーキとインナーの黒をバランスよくマッチさせ、ボトムのチェック柄パンツでソフトにまとめた程よいカジュアルコーデ。ポイントはなんといってもタートル×インナーダウンのレイヤードです。ボトムにデニムや綿素材のスラックスなどを合わせれば秋から冬まで着回せます。
タートルネックはフォーマルコーデからカジュアルコーデまで、装いを上品で大人な印象に引き立ててくれるおしゃれアイテム。手持ちのトップスやアウターなどと合わせることで着こなしの幅が広がります。1枚で着る場合や、インナーとして着る場合など、コーデを考えつつ、素材感やシルエットを選んでみてください。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ