記事一覧

リフォーム館のごあんない(使い勝手抜群のキッチン収納)

アップロードファイル 208-1.jpgアップロードファイル 208-2.jpgアップロードファイル 208-3.jpgアップロードファイル 208-4.jpgアップロードファイル 208-5.jpg

リフォームされる時に、奥様が一番こだわる場所はどこでしょうか?

多くの場合は『キッチン』ではないでしょうか。

リフォームの際、
キッチンは奥様の夢をかなえてあげる代わりに、
ご主人は念願の書斎を・・・といったケースはとても多い。


キッチンメーカーのショールームを何軒もハシゴする間に、
便利な機能を見てついつい追加してしまったり、
より良いグレードを選んでいくうちに予算が当初の倍近くなってしまった、なんてよくある話です。


でも一度立ち止まって、冷静に考えてみてください。


現在のキッチンは多くの場合対面式になっています。

だから実は大切なのは、その背面の収納なのです。

もちろんキッチンメーカーだって、キッチンとお揃いの色や素材の収納を用意しています。


しかし本当にそれで良いのでしょうか?


私は特に対面キッチンの場合、キッチンと合わせるよりも、ダイニングやリビングの家具と質感を合わせるべきだと考えています。

そうでないと、キッチンの一角だけが異質な空間になってしまいます。

日本人はやはり木が好きですから、家具は木のものが多い。

キッチンの背面収納はどちらかというと木の質感である方が、しっくりくることが多いはずなのです。


富士に展示しているキッチン収納は、今まで頂いたお客様からの声をひとつの形にしたものです。


料理本を開いて置いておけるスペースがほしい・・・

電子レンジを隠したい・・・

奥行きのある場所でも取り出しやすく・・・

ゴミ箱が内蔵されていたら・・・

配膳するスペースが出てきたらいいのに・・・

調味料がさっと取り出せるよう・・・

と様々なアイデアをカタチにしてあります。


もちろん実際にお作りする際には、この他にも、たくさんアイデアの引き出しをご用意しています。


ぜひ実物で体感してください。