記事一覧

再生家具ショールームOPEN

アップロードファイル 351-1.jpgアップロードファイル 351-2.jpgアップロードファイル 351-3.jpgアップロードファイル 351-4.jpgアップロードファイル 351-5.jpg

弊社神戸店のとなりに、再生家具専門のショールームをオープンしました。

リメイス(”リメイクした椅子”を表すオリジナル造語)を中心に、テーブルやタンスも展示しております。

一般的なリサイクルショップとは違い、弊社工房にて蘇らせた、新しい命を吹き込まれた家具ばかり。

見て回るだけでも楽しい空間です。


神戸ハウジングデザインセンター
神戸市中央区東川崎町1-2-2 2F(家具の富士ショールームのとなりです)
TEL 078-366-2681
水曜日定休日
営業時間 10:00~18:00(短縮営業中)


JR神戸駅のすぐ前のビルでございます。

ぜひ一期一会の出会いを体感しに、ご来店ください。

玄関ドアの現場塗装始めました。

アップロードファイル 350-1.jpgアップロードファイル 350-2.jpgアップロードファイル 350-3.jpgアップロードファイル 350-4.jpgアップロードファイル 350-5.jpg

玄関ドアの再塗装。

とてもご要望の多かった、現場塗装をこのたび始めました。
※今までも例外的に数件お受けしてきましたが、原則受注可能といたします。


もちろん今まで通り、一旦ドアを外して持ち帰っての塗装の方が強度は強いのですが、
『約2週間にわたって玄関からの出入りができない(勝手口が無いお家は施工不可である)』
というハードルによって、多くのご依頼をお断りせざるを得ない状態でした。

塗装技術や塗料の改良により、現場施工も可能となりました。


まだまだ諸条件はございますが、ご検討中の方はお気軽にご相談ください。

緊急事態宣言発令中の営業について

新型コロナウィルスに感染された方々と、
感染拡大により生活に影響を受けられている方々に、
心よりお見舞いを申し上げます。

さて弊社営業拠点のある兵庫県、大阪府に『緊急事態宣言』が発令されました。

外出自粛を促し、人との接触を減らして爆発的な感染拡大を抑制するための要請であると理解しております。


さて、このような状況下で営業を続けるべきかどうか、
とても悩みましたが、結論としては、


『家にずっと居なければいけない状況が続いている今だからこそ、
家の中で快適に過ごすための提案や作業を行うことは
社会的意義が高く、今の世の中に必要である』

と考え、
お客様と弊社スタッフ全員の安全対策を可能な限り講じた上で、
営業を続けるという決定をいたしました。


営業にあたっては、以下の対策を実施いたします。

・営業時間の短縮(閉店時間を19時から18時に変更)

・営業中は全窓を開けて換気する
 (エアコンも併用いたしますが、時折肌寒く感じる日もございます。羽織れる物を一枚お持ちいただけると幸いです)

・接客カウンターに除菌アルコールを設置

・配送品(商品、お修理品)はお客様のご希望があれば、平時に戻るまで弊社にて無料でお預かりする。
 配送ご希望の場合は、なるべく接触を避けた上で配送させていただく。


まだ手探りですので、今後追加・変更等あるかもしれませんが、ご理解の程何卒よろしくお願い申し上げます。


なお弊社神戸店につきましては、神戸ハウジングデザインセンター(HDC)が本日(4/10)より休館となりましたので、弊社ショールームもやむなく臨時休業となっております。

神戸店をご利用いただいているお客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、神戸店の岡本は西宮本部にて勤務を続けておりますので、西宮本部までお問い合わせいただければ幸いです。

3日間だけのギャッベ展 開催中です!

アップロードファイル 332-1.jpgアップロードファイル 332-2.jpgアップロードファイル 332-3.jpgアップロードファイル 332-4.jpgアップロードファイル 332-5.jpg

昨年開催して、大好評だった

『3日間だけのギャッベ展』

を明日まで開催しております。

今年はギャッベだけでなく、キリムやペルシャ絨毯も揃って、見ごたえ十分です。

特に今回のフェアの目玉は、
『まるで絵画のようなギャッベ』
です。

繊細な色使いが写真では表現することができません。
ぜひショールームにて現物をご覧いただきたいです。

急いでお越しください!

木くずの再利用

アップロードファイル 330-1.jpgアップロードファイル 330-2.jpgアップロードファイル 330-3.jpgアップロードファイル 330-4.jpgアップロードファイル 330-5.jpg

木の製品を作っていると、木くずが出ます。

とても細かいクズなので、すごいボリュームになります。

寒冷地の家具産地では、これを蒔ストーブにくべて暖をとりますが、住宅地でそんなことをすると消防車が飛んできます。

今までは『もったいないな~』と思いながらも廃棄処分していましたが、とっても良い嫁入り先が見つかりました!

近くの大学の馬術部さんです!

最初は六甲山牧場さんに問い合わせてみたのですが、もっと近場でとても良い所を紹介していただきました。


今まで捨てていた木クズが、お馬さんの寝床として再利用されることになりました。


ふかふかのベッドで寝てもらえるよう、たくさん家具を作って生きたいと思います。


たくさんのご注文をお待ちしております!!!(笑)

ウォールナット丸太が入荷しました

アップロードファイル 318-1.jpgアップロードファイル 318-2.jpgアップロードファイル 318-3.jpgアップロードファイル 318-4.jpgアップロードファイル 318-5.jpg

昨年購入した丸太が、
カット→天然乾燥(10ヶ月)→人工乾燥(1ヶ月)→天然乾燥(2ヶ月)
という長い時間を経て、ようやく入荷してまいりました。

もちろん丸太として伐採されるまでに、少なくとも50年以上、長いもので100年以上の時を経ているわけで、家具づくりのための長い年月を感じずにはいられません。

今回の板は大きな腐れ部分もなく、木目がスッと通ったものが多いのが特徴で、綺麗なブックマッチがたくさん作れそうです。

今ならお好きな木目から選び放題でございます。


お早めにご来店ください。

ギャッベ展

アップロードファイル 316-1.jpgアップロードファイル 316-2.jpgアップロードファイル 316-3.jpgアップロードファイル 316-4.jpg

明日から
『3日間限定のギャッベ展』
を行います。

選りすぐりの手織りギャッベばかり、200点以上が揃いました。

さきほど搬入+設営が完了いたしましたが、圧巻です。

なかなか、本物ばかりこれだけの数を集められることはありません。

7/29(日)までとなっておりますので、ぜひぜひおいでくださいませ。

会社総会

アップロードファイル 312-1.jpgアップロードファイル 312-2.jpgアップロードファイル 312-3.jpgアップロードファイル 312-4.jpg

今年も年に一度の会社総会で、全店スタッフが集まって、今年の方針について話し合いました。

会議の後は、いつもお世話になっている芦屋のメゾンドタカさんでおいしいフレンチをいただきました。

こちらの高山シェフは、フランス料理でもっとも権威のある大会で昨年日本大会で優勝されました!
今年開かれるアジア大会に日本代表として、世界大会への切符を賭けて挑むそうです!

高山シェフの作り出す芸術作品のようなお料理と、お料理を引き立てるスタッフのこころづかい。

まったく違う業種でありながら、とても勉強になります。


さあ、新年度もがんばります!

富士見会

アップロードファイル 298-1.jpg

先日、年に一度の会社総会がありました。

桜の見頃時期なので、お花見と会社名を掛けて、この呼び方にしています。


午前中は会議にて、昨年の反省と本年度方針を皆で共有しました。

本年度は
・オリジナル商品の拡充
・リメイス始動
を柱に、全店で進んでまいります。


午後はここ数年お世話になっている、芦屋の高級フレンチ(昨年よりメゾンドタカと改称されました)で、とってもおいしいお料理を頂きました。

一皿一皿に工夫が凝らされているお料理や、
最近ではめずらしくなった、給仕・接客される方のプロ意識、
スタッフの方々の細かな心配り等、
私たちも見習わなければ、といつも感心させられます。


エネルギー充填して、今年もみんなで頑張ります!

トライやる・ウィーク

アップロードファイル 278-1.jpgアップロードファイル 278-2.jpgアップロードファイル 278-3.jpgアップロードファイル 278-4.jpgアップロードファイル 278-5.jpg

毎年恒例の『トライやる・ウィーク』に、13年連続で参加させていただきました。

今年は5人の男子がやってきてくれました。

展示用のブックマッチ天板の製作の一部を体験してもらいました。


丸太から、木を選び、どのようにカットして製品を仕上げるか、少しは理解してもらえたかな?と思っています。


最終的に仕上がったら、またここでご報告させていただきます。

ページ移動