記事一覧

削る!

アップロードファイル 229-1.jpgアップロードファイル 229-2.jpgアップロードファイル 229-3.jpgアップロードファイル 229-4.jpg

木材を削っている風景。
作業しているのは富士一番の力持ち。
太~い腕で、ひたすらガリガリ削ります!

桐の洗い

アップロードファイル 228-1.jpgアップロードファイル 228-2.jpgアップロードファイル 228-3.jpgアップロードファイル 228-4.jpg

『桐の洗い』

なんとなく言葉自体はお聞きになったことがあると思います。

でも正確に理解している人は少ない。

「削って綺麗にするんでしょ」
って思っている方がほとんどではないでしょうか。


でも実際には、その名の通り熱湯で洗います。

もちろん調整のために、洗った後にカンナやヤスリは使いますが、まずは“洗う”のです。


私たちは
「大切な家具は直して使うという欧米では当たり前の文化を日本にも広めたい」
という思いで、約15年前から修理専門工房を立ち上げ、約4年前には「家具修理ドットコム」という日本全国ネットワークを立ち上げました。

でも実はこの「桐の洗い」って世界的にも非常に珍しい、独特の文化なのです。

元々の木をほとんど削ることがないので何度でも綺麗によみがえらせることができるわけで、その意味では日本人の方が欧米より進んだ文化を持っているといえるわけです。


先人の知恵を大切に、そして後世の者としてさらに進んだ技術を磨いて、もっともっと文化を広めて行きたいと思います。

リフォーム館のごあんない(ユーティリティー編)

アップロードファイル 227-1.jpgアップロードファイル 227-2.jpgアップロードファイル 227-3.jpg

洗濯・・・

この言葉を聞くだけで、憂鬱な気分になる主婦の方は多いと思います。


アイロンがけ・・・

もっと聞きたくないかもしれません(笑)


その要因のひとつに、
「アイロン台っていちいち出してくるのが面倒くさい」
ということが挙げらるのではないでしょうか。


結構かさばるので、すぐに出してきづらい。
  ↓
どんどん溜まっていく
  ↓
気づくと見たくない光景になっている
  ↓
ますますやる気が無くなる

こんな循環にはまってしまっていませんか?


そこでご提案。

アイロン台は洗濯機の近くにすぐ出せるようにしましょう。
ハンカチや給食当番のお洋服など、洗濯物を取り出す際にチャチャっとアイロンがけしてしまえば、とっても楽チン。
シャツ類だって、乾燥機から取り出してシワが寄ってしまう前にアイロンがけすれば半分の労力で済むのです。

そんな夢のようなユーティリティースペースは、この格納式アイロン台があれば実現します!


ぜひ体感してみてください。

リフォーム館のごあんない(和室にワンポイントをプラス)

アップロードファイル 226-1.jpgアップロードファイル 226-2.jpgアップロードファイル 226-3.jpgアップロードファイル 226-4.jpg

木材を製材する時に、いつも
「もったいないなー」
と思いながら捨てていた木の皮面。

なんとなく思いつきで、壁に取り付けてみたら、これが実にいい感じなのです。

今ではショールームの中でも、目を引く存在にまで成長(?)しました。


なかなか日本人は『壁を飾る』ことが苦手です。

外国のように写真を目一杯飾っているお家はあまりありません。


確かにご自分で壁に穴を開けることは勇気が必要。

でもこの棚があれば、写真や物を乗せるだけで簡単に壁を彩ることができます。


本当にちょっとしたことですが、そんなことで
『楽しく住まう』
お手伝いができればうれしいです。


ちなみに写真はショールーム内の積み木コーナー。

休日はこのスペースでたくさんのお子様が遊んでいます。

積み木ってすごく個性が出て、見ていて本当に楽しい。

「こんな組み方もあるのか!」
「こんな遊び方もあるのか!」
頭の固くなってきている僕たちには、とても良い刺激になります。

話題沸騰!!

アップロードファイル 225-1.jpgアップロードファイル 225-2.jpgアップロードファイル 225-3.jpgアップロードファイル 225-4.jpgアップロードファイル 225-5.jpg

先日来、工房で職人たちの目を釘付けにしていたもの。

お客様がインドネシアで購入された、木彫りの彫刻。
写真ではわかりませんが、裏表とも彫刻が施されている、ものすごい代物です。

わざわざ日本に持ってきたものの、なかなか使う機会がなく、ずっと10年以上トランクルームに閉じ込められていたそうです。

なんとかこれを活用しようと考えたのが、これがすっぽり入るリビングテーブルの製作。

(この大きさのリビングテーブルを置けるお家がまたすばらしいということなのですが・・・)


お客様と数回の打ち合わせの後、完成したのが写真のテーブル。

サイドには引き出し風の飾りも付けて、形もすごくかっこ良く仕上がったのですが、
今回の目玉は何といっても初めて使ってみたテープ状のLED照明。


試験点灯時の、工房で見つめる職人たちと味わった感動は、近年で一番のものでした。


これから設計に多用すると思います。

照明って本当に魅力的です!
(もちろんこれを作った職人たちの技も魅力的です!)

リフォーム館のごあんない(食器棚や冷蔵庫も隠してしまう)

アップロードファイル 224-1.jpgアップロードファイル 224-2.jpgアップロードファイル 224-3.jpgアップロードファイル 224-4.jpg

しばらく間が空いてしまいましたが、弊社リフォームショールームのご案内の続きです。

※以前の記事もご興味ある方はぜひご覧ください。
子供部屋編
http://www.fuji21.co.jp/blog/diary.cgi?no=205
0.5坪の書斎編
http://www.fuji21.co.jp/blog/diary.cgi?no=206
リビングにマッチしたお仏壇編
http://www.fuji21.co.jp/blog/diary.cgi?no=207
使い勝手抜群のキッチン収納
http://www.fuji21.co.jp/blog/diary.cgi?no=208
2つの玄関編
http://www.fuji21.co.jp/blog/diary.cgi?no=209

さて、キッチンのリフォームをご検討されている方は、
「対面式にしたい!」とお考えの方が圧倒的に多いです。

ご新築の時もそうですが、キッチンは特に“奥様の夢”であり、非常にこだわりを持たれるポイントでもあります。


しかし実際に住んでみると、実は背面の食器棚たちの方が目立つことに気づくはずです。

あれほど悩んで選んだ扉の色も、実はほとんど目立たないのです。


もちろん私たちは家具作りのプロですから、使い勝手抜群で、しかもかっこいいキッチン収納をお作りすることができます。


ただせっかく持っている家具を捨ててしまうのも実にもったいない。


そこでお持ちの家具のひとつ前に、間仕切り扉を作ってみてはいかがでしょうか、というご提案。


普段はもちろん開けっ放しでよいのですが、急なご来客の時など、とても重宝します。

冷蔵庫もついでに隠したら、本当に綺麗なキッチンが出来上がりますよ。

ファミリアのベビーダンス再塗装

アップロードファイル 223-1.jpgアップロードファイル 223-2.jpgアップロードファイル 223-3.jpgアップロードファイル 223-4.jpgアップロードファイル 223-5.jpg

りんごの取っ手が付いた、とってもかわいいベビーダンス。

子供服で有名な、ファミリアさんの家具シリーズ。

残念ながら既に生産中止となっているのですが、
もう手に入らない家具だからこそ、きれいにリフォームして使いたいというお客様はとても多いです。

実はこの家具、作りの良さも注目すべきもの。

真っ白に塗装されているので中の板はなんでも良さそうなものですが、頑丈に作ることはファミリアさんとしてのポリシーなのでしょう。

実際今まで10台以上お修理してきましたが、大きく痛んでいるものはひとつもありませんでした。

通常のものよりもちろん高価な家具ですから、大切に扱われてきたこともあるのでしょうが、
何にしても大切に使われてきたものをまたお直しすることができることは我々にとっては一番うれしいこと。


今回のものは淡路島のご実家から、神戸のお孫さんへのおくりものでした。


ちなみにこの作業が入るといつも、塗装職人はいつもうれしそーにりんごを仕上げます。。。

お嫁入り

アップロードファイル 222-1.jpgアップロードファイル 222-2.jpgアップロードファイル 222-3.jpgアップロードファイル 222-4.jpgアップロードファイル 222-5.jpg

平成元年に芦屋店OPENに合わせて特注した接客用テーブル。
天板はなんと漆塗り!
バブル真っ只中ということもあり、お金に糸目をつけずに作ったテーブル。

これまで数え切れない程お客様から、「売って!」と言われ、その度に丁重にお断りしてきましたが、この度お嫁入りすることに。

そのお客様も、一目でこれを気に入られ、最初は例のごとくお断りしていたのですが、
“絶対にうちにピッタリ合うから、一度家を見てほしい”
とのことで、近くに行った際にご訪問。

そしてお家を拝見してビックリ!

そのお家はある国の領事館だったこともあるほど、本当にすばらしい建物で、
“これ以上の環境はないだろう”
との思いで、お譲りすることにしました。

先日納品に伺ったのですが、サイズ感・質感・色合い、とにかくすべてがすばらしいマッチングでございました。

なんだか大切な娘をお嫁に出したような感覚なのですが、あのテーブルがこれから末長く愛されてくれることを祈るばかりです。

さて何の修理でしょうか?

アップロードファイル 221-1.jpgアップロードファイル 221-2.jpgアップロードファイル 221-3.jpgアップロードファイル 221-4.jpgアップロードファイル 221-5.jpg

工房には、時々家具以外の変わったモノも持ち込まれます。

写真に写っているのは、何かお分かりになりますか?


実はこれ古いベンツのダッシュボードなんです!


古き良き時代の車ばかり扱われているショップさんが、3年ほど前から時々お持ち込みになります。

数をこなすうちにだんだん特性がわかってきましたが、最初の頃は、未知の分野で、恐る恐る触っておりました。


しかしこれらの成型技術は本当にすごくて、毎回感心してしまいます。

エアコンの吹き出しだって、軽く家具を作れるくらいの手間がかかっています。


家具も車もそうですが、こういったものを目の当たりにすると
『昔のものはすごいな~』
という感動と同時に、
「僕らの作ったものは、50年先の人たちに感動を与えられるのだろうか?」
とちょっと心配になったりもします。


人類は進歩しなければなりません。


50年前の人々が現代にタイムスリップした時に、
「さすが未来は進んでいるなー」
と感心してもらえるよう、日々精進してまいります。

1まいが2ま~いに

アップロードファイル 220-1.jpgアップロードファイル 220-2.jpgアップロードファイル 220-3.jpgアップロードファイル 220-4.jpg

『テーブルを小さくリメイク』

“家族が減ったから”

“引越しするから”

“親が買ってくれたダイニングテーブルを子供のデスクにできないか?”


背景はさまざまですが、実はテーブルリメイクのご依頼はとても多いんです。


写真はただ単に小さくするだけではなく、2つのテーブルに分割した例。

脚はどうせだったら、と、オリジナルのものとそっくりにもう1セットお作りしました。


大切な家具を捨ててしまう前に、ぜひ一度ご相談ください。